和泉宗兵の結婚(彼女)や本名は?黒執事やタイムレンジャーなどに出演

 

タイムレンジャーのイエローでデビューし、黒執事の葬儀屋(アンダーテイカー)をきっかけに2.5次元舞台の出演も増えた和泉宗兵さん。

2.5次元舞台で活躍する40代の方は少ないので、貴重な存在ですよね。

 

そんな和泉宗兵さんの本名などのプロフィール、彼女や結婚についてまとめてみました。

和泉宗兵の本名やプロフィール

名前:和泉宗兵

よみ:いずみしゅうへい

あだ名:しゅうへいさん

生年月日:1977年10月11日

出身地:神奈川県横浜市

血液型:O型

身長:186㎝

所属事務所:青年座映画放送(業務提携)

戦隊出身のイケメン俳優として長く第一線で活躍している和泉宗兵さん。

 

現在41歳ですが、顔立ちが元々童顔で、スタイルもいいので到底40代のおじさんには見えません…!

ファンの方からはしゅうへいさんと呼ばれ親しまれていますよ。

 

そんな和泉さんですが、本名は小泉朋英(こいずみともひで)さんと言い、この名前でデビューされているのですが、デビューから1年で今の芸名である和泉宗兵に改名されています。

今から18年近く前のことなので、改名理由は調べても出てきませんでしたが、和泉宗兵の方が渋くて良い感じだなと思います^^

 

和泉さんの性格は落ち着きついた大人の男って感じでしょうか。

若い俳優たちからすれば親くらいの世代ですが、親しみを持って接することが出来るタイプのようで、慕われているみたいです^^

 

また、ファンからもらったプレゼントなどはSNSに定期的にアップされていますね。非常にマメで、ファン思いな方だなという印象を持ちました。

スポンサーリンク

和泉宗兵の高校大学

和泉さんの学歴について調べてみました。

 

高校についてはかなり昔のことなので、学校名は出てきませんでした…><

 

しかし大学は東海大学を出てらっしゃるようですよ。今若手俳優界隈で活躍する40代の舞台俳優の方はそこまで多くなく、かつ大卒ってなるともっと限られてきます。

 

昔は今より大学への進学って大変でしたから、良い大学出て俳優の道に進むというのも中々覚悟があってこそでしょうね。

スポンサーリンク

和泉宗兵の出演作品や経歴

和泉宗兵さんの経歴について調べてみました。

2000年「未来戦隊タイムレンジャー」のタイムイエロー・ドモン役で俳優デビューした和泉さん。

 

翌年には芸名を本名から和泉宗兵に改め、主にテレビドラマや映画などで活躍します。

2000年代にヒットしたドラマ「生きるための情熱としての殺人」やテレ東で放送されていた特撮ドラマ「魔弾戦記リュウケンドー」などに出演し、地道に俳優としてのキャリアを重ねます。

 

2006年頃から舞台にも出るようになり、2009年に「ミュージカル黒執事」で葬儀屋(アンダーテイカー)役を演じると一躍演劇ファンからの注目を浴びるようになります。

また2011年からはこれまで外部参加していた劇団「大人の麦茶」に本格的に所属するようになり、2015年まで団員として舞台に立っていました。

 

黒執事の葬儀屋が当たり役となり、徐々に2.5次元系舞台作品にも多く登場。

  • 「青の祓魔師」
  • 「十二大戦」
  • 「劇団シャイニング(うたプリ)」
  • 「からくりサーカス」
  • 「K」

などの話題作に呼ばれ、2019年夏には「文豪ストレイドックス」で福澤諭吉役を演じることが決まっています。

 

やっぱり和泉さんというと、黒執事の葬儀屋さんですよね~。シリーズ通して和泉さんが続投し続けています。

 

舞台版は豪華客船編(2018)まで上演されているのですが、豪華客船編は葬儀屋大活躍回でもあったので、それでファンになった方も多いのでは?

まだ次回作の予定は出ていませんが、時期的に見てそろそろそんな話が出てもいい時期なので楽しみに待っていたいと思います~。

和泉宗兵の結婚や彼女や好きなタイプ

現在41歳の和泉さんですが、結婚や彼女の噂はあるんでしょうか。

 

40代と言えば結婚していても不思議ではないですが、公式で結婚しているという話は出ていません。

一応噂としてはあるようですが、この年代の人はみんな一度は結婚を疑われると思います(笑)

 

これまで結婚はおろか交際の女性の話も出ていないので、隠すのが相当上手いのか、それともあまり恋愛ごとに興味がないのか…。

好きな女性のタイプの話も出てきません。まあいずれにしても、ファンは安心して推せそうですね^^

和泉宗兵 まとめ

今回は和泉宗兵さんのまとめ記事でした。

2.5次元界隈では貴重な40代俳優あり、経験豊富な和泉宗兵さん。

大人の麦茶時代にはハロプロメンバーと仕事することも多かったようですが、男性ファンからも好意的に受け入れられていた様子。

 

決して派手な俳優さんではないですが、安心感があり「推しがい」のある役者さんだと感じました!これからも応援していきたいと思います!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事