安里勇哉の炎上理由は彼女?弟や好きなタイプも気になる

 

「DIABOLIK LOVERS」や「弱虫ペダル」「黒子のバスケ」「おそ松さん」と、多くの有名作に名を連ねている安里勇哉さん。

今回は明るくポジティブな安里さんの魅力にせまっていきます。

炎上理由や彼女、好きなタイプ、弟さんについても調べてみました。

安里勇哉のプロフィール

名前:安里勇哉

よみ:あさとゆうや

あだ名:ゆうやくん、安里くん、あんり

生年月日:1987年12月4日

出身地:沖縄県

血液型:AB型

身長:180cm

所属事務所:ルビーパレード

趣味:バンド、手品、料理

特技:サッカー、三線(沖縄三味線)、ビリヤード、ダーツ

現在30歳の安里勇哉さん。

ファンの方からは、ゆうやくん、安里くんというあだ名で親しまれています。

「あんり」という愛称ですが、同じ事務所の八神蓮さんが命名されたのだとか。けれどご本人もほとんど呼んだことがなく、今は呼ばれている方も少なくなっているそう。

 

そんな安里さんの性格は、ご本人も語られていますが、とてもマイペースで猫のような性格とのこと。

気分屋で、興味があることとないことがはっきりしていらっしゃるそうです。

 

以前、ビリヤード場でバイトをされていたことからビリヤードが得意で、更に蕎麦屋居酒屋でバイトをされていた時に料理を好きになり、得意料理は出汁巻玉子。

今はあまり料理をする機会もないそうですが、料理が得意な男性って素敵ですよね。

 

安里さんには、弟さんがいらっしゃいます。

物静かでクールな弟さん、お名前は「こうや」さん(漢字表記はわかりませんでした)。

なんと東京の調布にある美容室「Ata Ranji」というお店で働いているそうです。

安里さんのツイッターにもたびたび登場されていますよ♪兄弟そろってイケメンさんです。

お顔はそっくりということなので、ぜひ拝見してみたいですね。

スポンサーリンク

安里勇哉の高校や経歴について

安里さんの出身高校や経歴についてみていきましょう。

 

安里さんは出身高校を公表されていませんが、卒業後は予備校に通っていたそうです。けれどある日、勉強が好きではないことに気づいて予備校を辞め、上京されます。

芸能系のイベント会社で物販やもぎりのバイトをしている時に、会社の人に事務所の社長を紹介してもらい今の事務所に所属することになりました。

 

2012年からは大衆演劇をモチーフとしたパフォーマンスユニット「TOKYO流星群」のメンバーとして、ダンス、歌、殺陣、日本舞踊などのパフォーマンスを披露しています。

沖縄出身の安里さんに、通ずるものがありますね。

また、プライベートでバンドを組みキーボードやボーカルをされてきた経験も、生かされているのかもしれません。

 

安里さんは、数々の舞台に出演されていて

  • DIABOLIK LOVERS
  • 弱虫ペダル
  • 神様はじめました
  • 黒子のバスケ
  • おそ松さん
  • 八犬伝ー東方八犬異聞ー
  • おとめ妖怪ざくろ
  • 王室教師ハイネ
  • 劇団シャイニングfromうたの☆プリンスさまっ♪「ポラリス」
  • 封神演義

など代表作がたくさんあります。

 

特に「黒子のバスケ」は主人公の相棒役を演じていらっしゃいますので、この作品で安里さんを知ったという方も多いのではないでしょうか。

また「王室教師ハイネ」では舞台版への出演だけでなくアニメ版の声優にも挑戦されていますので、ぜひチェックしてみてください♪

スポンサーリンク

安里勇哉の炎上理由は彼女が原因?好きなタイプも

安里勇哉さんの炎上理由や彼女についてみていきます。

長身でイケメンの安里さんですのでカノバレなどもあるのでは、と調べてみました。

 

現在、安里さんには彼女の噂はありませんでした。炎上経験もありませんでしたので、ひと安心です。

唯一あったのは、子供の時に女の子と一緒にお祭りに行ったという微笑ましいエピソードのみでした。

 

 

そんな安里さんの好きなタイプはというと

  • 笑顔が素敵で一緒に笑える人
  • 落ち込んでいる時に元気に励ましてくれる人
  • 心を許せる人

とのことです。

けれど一番は『仕事を理解してくれること』だそうです。

 

『一生結婚できなくてもいいかも』と以前に語られている安里さん。

けれど、子供好きな方なのでステキな方が見つかったら結婚は早いかもしれませんね。

安里勇哉の まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は様々な人気作品に出演されている安里勇哉さんについてのまとめ記事でした。

 

今後も多くの舞台への出演が予定されている安里勇哉さん。ますます目が離せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事