皆木一舞の本名や身長は?プロフィールや彼女も気になる

 

今回はテニミュ3rdシーズンで不二周助役を演じている皆木一舞さん。

とても美形な皆木一舞さんは、公表しているプロフィールが少なくミステリアスなお方。

そんな彼の本名や身長などのプロフィール、気になる彼女の存在についても迫ってみたいと思います。

皆木一舞の本名身長!プロフィールを紹介

名前:皆木一舞

よみ:みなきいぶ

あだ名:いぶくん

生年月日:1996年12月24日

出身地:東京都

血液型:不明

身長:180cm?(推測)

趣味:ダンス、音楽を聴くこと

特技:ルービックキューブ、空手、数学

所属事務所:ウィルビー・インターナショナル(Will-B International)

現在21歳の皆木一舞さん。

ファンの方からは一舞(いぶ)くんというあだ名で親しまれています。

 

『一舞』という名前はとても珍しいので本名かどうか気になる方もいるのではないでしょうか?

 

実は皆木さんは以前、Ibu(いぶ)という芸名で活動していました。

そして2018年3月26日に皆木一舞に改名。

本名を公表しているわけではありませんが、ネット上では皆木一舞というお名前が本名の可能性が高いと言われています。

 

確かに誕生日もクリスマスイブですから、『いぶ』がお名前というのも納得ができるかも?

でも…一舞って舞台の『舞』も入ってるし芸名という線も捨てられないなとか思っちゃいます(笑)

どちらにせよとても素敵なお名前だということに変わりはないですが♪

 

皆木さんの身長についてですが、こちらも公表されていません。推測になりますが、共演者と並んだ写真を見ると180cm近くはありそうです。

 

所属事務所はちょっと変わっていて、外国語の通訳や翻訳の業務を兼ねている珍しい会社でもあります。

同事務所にはテニミュ2nd柳生比呂士役の味方良介さん、3rd跡部景吾役の三浦宏規さんなどがいます。

 

そんな皆木さんの性格は…調べてみたのですが性格関連の情報はみつかりませんでした!ミステリアスなお方ですね。

とても美形なので(ちょっと女性っぽいですよね)これから人気も爆上するかもしれません。

スポンサーリンク

皆木一舞の高校大学や経歴

皆木さんの出身高校や大学についてです。

残念ながら出身高校や大学についての情報は公表されていませんでした。

出身地が東京都であるため、都内の高校出身だということは予想ができます。

 

 

続いて皆木さんの経歴についてです。

皆木さんは2017年のミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』で、準惑星ハウメア人☆サティ役として俳優デビュー。

この舞台ではミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン氷帝学園 忍足侑士役の井阪郁巳さんとも共演しています。

 

他にも2017年には

  • 「E.T.L vol.8 ~ボクらのアジトでNATSU☆祭~」
  • 舞台「ACCA13区監察課」(アンサンブル出演)

に出演。

 

2018年には

  • アンプラネット-Back to the Past-!
  • E.T.L vol.214 〜ほしいのはキミのチョコだけ!〜

に出演。

 

そして同年、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンでは、主役校である青春学園の不二周助役に抜擢されています!

 

5月21日のDream Live 2018の千秋楽で、10代目青学メンバーとして初出演を果たしました。

 

7月からはミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝に出演。

 

今後は冬から始まるミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs四天宝寺に出演予定です。

 

皆木一舞さんの不二周助の完成度は高く、テニミュファンの方からも好評であり、歓声もひときわすごかったのだとか!

これからますます活躍が期待できる俳優さんの一人ではないでしょうか。

スポンサーリンク

皆木一舞に彼女の噂は?

人気キャラクターの不二周助を演じられている皆木さん。彼女の噂はあるのでしょうか?

 

残念ながら確かな情報は見つかりませんでした。現段階では恋人の噂は無いようですね。

 

売り出し中の俳優さんですから、事務所の方も恋愛スキャンダルには気をつけるよう注意しているのかもしれませんね。

皆木一舞 まとめ

ミュージカル「テニスの王子様」では不二周助役として大活躍されている皆木一舞さん!

9代目青学メンバーから役を引き継ぎ、邁進されている姿が眩しいですね。

 

冬の青学vs四天宝寺の公演では、不二周助役としてさらなる成長が期待されます。皆木一舞さんの今後の活躍に期待したいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事