高崎翔太の炎上写真とは?キス魔で短足って本当?

 

テニミュの菊丸英二役で注目を集め、あんステ、薄桜鬼、大人気アニメの舞台化『おそ松さん』ではおそ松を演じ、青汁のCMなどにも出演している高崎翔太さん。

ハーフのようにはっきりとした顔立ちのイケメン俳優の魅力に迫っていきます。

高崎翔太さんの炎上写真やキス魔、短足など気になるワードについて調べてまとめてみました。

高崎翔太のプロフィール

 

名前:高崎翔太

よみ:たかさきしょうた

あだ名:翔太くん

生年月日:1988年9 月21日

出身地:新潟県

血液型:A型

身長:170cm

所属事務所:トキエンタテインメント

現在30歳の高崎翔太さん。

若手俳優の中では30歳にして既に中堅どころの高崎さんですが、ファンの方から翔太くんと気軽に呼ばれ親しまれています。

 

高崎さんの性格は自由人で、非常に大らか!主演クラスの俳優であるにもかかわらず、事務所の社長に呼ばれればエキストラでも映画に出てしまうようなノリの良さや柔軟性のある方です。

 

高崎翔太はキス魔で短足!?

高崎さんは酔うとキス魔になってしまうらしく、打ち上げの場で共演者にキスしている画像がネットにあがっていますね!

しかも頬に軽くキスというレベルではなく、思いっきり口唇にキスしているあたり、高崎さんの本気度(?)がうかがえます!

 

そんな他の若手俳優ともとても仲の良い高崎さんですが、今の若手俳優の中では身長170センチとやや低めで、短足に見えるとの噂が。

同じ事務所で同じく人気俳優の荒牧慶彦くんも、ペットにするなら高崎さん、犬種はダックスフンドとイベントで発言されているようです(笑)

 

足が短いのも個性ですし、2.5次元舞台にはかわいらしさも大いに必要ですから、これも素敵な魅力の一つではないでしょうか!

スポンサーリンク

高崎翔太の高校大学

高崎さんの出身高校や大学など、学歴について調べてみました。

 

高崎さんは地元新潟の高校に進学し、部活ではバスケ部に所属していたようです。

小学校から高校までずっとバスケ部!努力家なのは昔からなんですね!

 

新潟の聖籠町出身であるということは公表されており、なんと番組の企画で母校や実家を訪ねたりしています!

若い俳優さんが自分の田舎を紹介するのはなかなかないので、高崎さんは学生時代に良い思い出が多い方なんでしょうね♪

 

高校を卒業後、大学には進学せずアパレル業界を目指して上京されています。

上京後に役者の道を志すようになったようですよ!

スポンサーリンク

高崎翔太の出演作品や経歴

2004年に若手俳優の登竜門「ミュージカルテニスの王子様」菊丸英二役で俳優デビュー。

その愛らしいルックスで多くのテニミュファンのハートを掴みます。

その後、

  • タイガー&バニー
  • 薄桜鬼
  • 金色のコルダ
  • あんさんぶるスターズ

などの2.5次元作品の中でも話題性に富んだ作品に多く出演し人気を博しました。

そして、大ヒットアニメ「おそ松さん」の舞台版では六つ子たちの長男おそ松役を演じ、さらに注目されるようになりました。

 

舞台映画のみならず、脚本を書いたり、オリジナルのラインスタンプをデザインするなど他の分野でも多才に活躍している高崎さん。

アパレル業を志していたのもあって、クリエイティブな才能もお持ちのようですね!

高崎翔太や炎上写真とは?

今年30歳とアラサーど真ん中の高崎さんですが、彼女や結婚の噂はあるのでしょうか?

どうも数年前にプチ炎上を経験してしまっています。

 

女性2人と高崎さんと、もう一人若手俳優の写った4ショット写真が出回ってしまい炎上に至ってしまったようです。

三軒茶屋のバーと思われる場所でお酒が入っている様子もあり、プライベート感漂う写真だったためインパクトも強かったようですね。

カノバレではないとしても、俳優2人が若い女性とポーズを決めて写真を取るのはさすがに疑われても仕方ないですし、軽率と思われて炎上してもしょうがないとしか言いようがありません。

 

しかし、高崎さんのファンはとてもハートが強い人が多いらしく、その後も自由な発言で炎上ギリギリのラインを繰り返す高崎さんのファンのことを「火消し係」と呼ぶんだそうです(笑)

炎上もファンも味方につける高崎さん、さすがですね!

高崎翔太 まとめ

いかがだったでしょうか。

人気舞台俳優の高崎翔太さんは人を惹きつける魅力に溢れた俳優さんであることがわかっていただけたかと思います。

 

演技やトーク、振る舞いの全てにおいてユーモアセンスの塊で、30歳を迎えてなお新しい一面を見せ続けてくれる稀有な俳優さんです!

これからもそんな高崎さんの活動に大注目していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事